News



News
・Mix,Mastering受付再開致しました。
オンラインマスタリングについてはコチラ
オンラインミックスダウンについてはコチラ

2014年8月30日土曜日

【Nao】蛍 歌ってみた



Naoさんとご一緒させて頂きました。
エーテル放出しまくりのNaoさんVoiceを楽しんで頂けたらと思います。


さて突然ですが…


最近「mixでどういった処理をしているか知りたい」という言葉を頂くようになりました。
今後少しずつですが(且つ大した事はしていませんが)書き残していけたらと思います。


それでは今回の制作メモ。

Trackdown四時間、打ち合わせ・微調整一時間の五時間ほどで完成となりました。
音源を頂いて並べた時にイメージは固まっていましたのでわりとすんなり(普段はもっともっと時間かかります)。

EQやコンプレッサーなどはオーソドックスな設定ですので割愛するとして(機会があればブログで紹介するかもしれませんが)、今回は「いかにデッドに聞かせるか」という点を意識してTrackdownしてみました。

音源を頂くと自分の場合はまずマスターにSSLcompとL3 UltraMaximizerをインサートします。
SSLコンプの方はMasteringプリセットを選びMake upノブだけ+5dBに設定します。他は特に弄りません。

L3のほうは特にこれといったこだわりはなく、24bit,ディザーType1,Normalシェイピングで使っています。曲によって使い分けたり…してないか。まだ最適解を探している段階なので気分です。

あとはインストを-5dBほど下げた状態から混ぜていくことが多いです。
今回の場合ですとL3のスレッショルドをサビで-2dBリダクションがかかるように設定しています。
自分は「-10RMSで統一しましょうよ!」という音屋ですので、各作品の音圧は低いほうではないでしょうか。

そんな感じでスタートラインに立ちましたらコンプあたりから整えていくわけですが、今回はちょっと面白いことに気付きました。

「あれ、もしかしてリバーブとかいらねんじゃね?」

もちろんいらないわけではありません。
原曲PENGUINS PROJECTさんの蛍を聞いてみるとミクさんの声はダブラーのような処理になっています。

ただ声をのせた段階でなんとなく「残響少なくていいな」という確信が。
「Naoさんの声をなるべく素で聞かせる」というコンセプトで進めていった次第です。

まったくかけないのもアレですのでメイン歌からセンドでSuperTap2のピンポンディレイへ、さらにそのディレイのステレオアウトをSmall drk plateプリセットで立てたRverbへと送っています。

ちょっとした太さを足す目的と前後間の調整で使っています。

サビでは更にCubaseデフォのピンポンディレイを足しています。このピンポンディレイからもセンドで先ほどと同じSmall drk plateに少し送ってあげます。丸さというか厚み狙いです。

他もわちゃわちゃ処理してはいるのですが上記のような点に力を入れてみました。
残響苦手系ミキサーなので助かりますね(?)。

ああ、Volオートメーションはかなり細かく書きました。どちらかというと倍音を均等に出す意識で書いています。倍音がコンプで強調されて気持ちよいよう良いようにカキカキ。


あれ?結構長くなってしまいましたね?長々とお付き合いありがとうございました。
素敵な作品に誘ってくれたNaoさんに最大の感謝を。

ではまた

0 件のコメント:

コメントを投稿